自宅の固定電話はこうやって活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット電話とはなにか

今では、インターネットが普及し、多くの人が利用しています。
きっかけを考えれば、Windows95の発売まで返ることができるとも言えます。
おそらく、それがなければ、パソコンブーム起きず、メールやインターネットの存在もわからなかったでしょう。
そんなインターネットは、IT技術の発展により、今では様々なサービスが提供されています。
たとえば、通信回線が、ブロードバンドである光回線が浸透し、Webサービスのみでなく、テレビや電話、あるいは、無線接続まで、光回線を導入するだけで利用できます。
しかも、回線幅が大きいため、Webにおいても、HD動画なども再生でき、高画質の映像をインターネットを通じ、視聴することが可能です。
そんなサービスの一環として、ネット電話があります。
その名の通り、インターネット経由で会話ができるもので、大きく分ければ、ソフトタイプとハードタイプになります。
ソフトタイプの場合、パソコンにソフトウェアをインストールするのみで、利用できます。
無料と有料があり、無料であっても、一体一の通話が可能です。
有料にすれば、多人数での会話もできるようになっています。
一方、ハードタイプは、インターネットを経由する通話では同じようですが、電話機を使うものであり、パソコンの機能を利用できないようになっています。
いずれにせよ、ネット電話は、インターネット回線を利用するもので、世界中の人と通話料金を掛けずに、利用することができます。
なお、ソフトタイプであれば、携帯電話やスマートフォンでも、利用できます。
中には、モバイル機器での通話であれば、料金が高いので、インターネット回線を経由した通話しかしない人もいるようです。
Copyright (C)2017自宅の固定電話はこうやって活用する.All rights reserved.