自宅の固定電話はこうやって活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的な機能がある

Windows95の当時からリアルタイムで会話が可能なものがありました。
インターネット回線を通じているため、世界中の人と無料で、会話ができました。
もっとも、通話可能なサービスもあったとはいえ、当時は電話回線そのものと言えるダイアルアップが主流で、しかも、従量制であったために、非常にお金が掛かりました。
しかし、IT技術の発展が、インターネット回線を太くし、なおかつ、料金も固定制を採用するようになりました。
それがネット電話の普及を促進した面があることは言うまでもないかもしれません。
そうは言っても、原型というべきものがあり、それがチャットになります。
冒頭で、Windows95当時でも、リアルタイムでの会話が可能であったことに触れました。
まさに、それがチャットでした。
音声ではなく、テキストで会話をするもので、今でも提供しているところがあります。
ネット電話でも、通話をしながら、チャット機能も利用でき、Web上のサイトなどを伝えることで、資料を参考にしながらの会話もできるようになっています。
また、チャットは、SNSなどでも採用され、世界的に有名なミニブログも、チャットの応用と見ることもできます。
科学は、前の技術を下地に発展していくもののようですが、ネット電話もまた、その流れの中に含まれるのでしょう。
なお、ネット電話では、Webカメラがあれば、テレビ電話も可能です。
しかし、これもチャットから発展したとも言えます。
それがビデオチャットです。
もちろん、ビデオチャット単独でサービス提供しているサイトなども、世界中であるようです。

話題になっている電話は、このホムペを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017自宅の固定電話はこうやって活用する.All rights reserved.